マカオの夜遊び情報サイト

バス・タクシー

LINEで送る
Pocket

2017年8月現在、マカオ内の公共交通はバスとタクシーのみ。 2019年にタイパ、コタイ地区に新交通システム(澳門軽軌)が開通予定だが、開通は遅れる可能性あり。

公共バス

マカオ公共バス

2017年8月現在マカオで営業しているバス会社は新福利、澳巴、新時代の3社。 各社受け持ちの路線があり、共通のプリペイドカード、澳門通(マカオパス)で運賃を支払う事が可能。 乗り継ぎ割引もあり、バスを乗り換えると3ドル前後の割引が適用される。 日中はもちろん、深夜時間帯も深夜バスが運行しているのでマカオ内の移動は24時間可能。 バス内のアナウンスは広東語、北京語、英語、ポルトガル語の4各国語で行われている。

便利な路線は

3:マカオフェリーターミナルから半島側の旧カジノ街-リスボア付近-新馬路(セナド広場)-十六浦ードッグレース場付近-中国へのボーダーゲート

AP1:中国のボーダーゲートからマカオフェリーターミナル-サンズ-タイパフェリーターミナル-マカオ空港-ヴェネチアン付近-マカオフェリーターミナル-サンズ-中国のボーダーゲート

MT4:タイパフェリーターミナルからマカオ国際空港-ウィンパレス-メルコスタジオシティ-ヴェネチアン-ギャラクシー-競馬場-十六浦-中国のボーダーゲート

運賃は3.2パカタ、4.2パカタなど、乗る場所によって異なり、お釣りは出ないので頻繁に乗るならマカオパス(澳門通)をコンビニなどで買うと便利。

タクシー

マカオタクシー 001

マカオの街中でどこでも見る事が出来るタクシー。 マカオのタクシーは基本的に個人タクシーで白と黒のツートンカラー。 車種は圧倒的にトヨタが多く、カローラ、カムリ、アベンシスなど。 最近はハイブリッド車も多く見かける。 トヨタ以外はフォルクスワーゲン、ルノー、プジョー、ヒュンダイ、マツダなども使用されている。

運賃は初乗り1.6kmまで19パカタ、その後は240m毎に2パタカ。 追加料金としてトランクに荷物を入れると1件毎に3パタカ、マカオ空港、タイパフェリーターミナル、マカオ大学地区から乗った場合は5パタカ追加されます。 それほどひどいボッタくりは無いが、早朝深夜などに流しのタクシーに乗るとメーターを使わずにドライバーが定額料金を持ち掛けて来る事があるが、割高なので必ずメーターを使うように指示する。 交渉が面倒なら、ホテルなどの車寄せ、街中にあるタクシースタンドなどで乗車すると比較的トラブルは少ない。

カジノ無料シャトルバス

マカオヴェネチアンシャトルバス

カジノが無料で提供している無料シャトルバス。 ボーダーゲート、マカオフェリーターミナル、タイパフェリーターミナル、マカオ空港などから各カジノへのバスが15分~1時間に1本運行されている。 その他に系列カジノカジノ間を結ぶ路線や、マカオ市内の繁華街やコタイ地区の各カジノを巡回する路線などもある。 朝9時から夜12時くらいまで運行しているので、上手く使えば便利な交通手段。

LINEで送る
Pocket

PAGETOP
Copyright © マカオ風俗情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.